なぜ特定技能なのか?

特定技能人材急増中

2019年の在留資格新設以降、特定技能で日本に在留する外国人材が増え続けています。

※2021年6月末時点で29,144人『特定技能1号在留外国人数推移』より


特定技能試験の開催数増加

在留資格取得に必要な技能試験の開催数が増えており、今後も特定技能人材の増加が見込まれます。


採用活動期間短縮

技能実習生や海外から人材を受け入れるよりも採用活動期間が短く済みます。

外国人材へのサポートは必要?
手続きがめんどくさそう…

特定技能人材を受け入れる企業には、外国人材への支援業務を行うことが義務付けられています。外部に委託せず、自社で実施いただくことも可能です。
しかし、初めて外国人材を採用する会社が自社で実施するのは大変です。マイナビグローバルは支援サービスも行ってるので、安心してお任せいただけます。

Strengths

マイナビグローバル
だからできる

5つのこと

マイナビグループの
強力な集客力
日本語能力の高い
人材を紹介
海外拠点から直接
情報をキャッチ
コンプライアンス
順守の運用体制
外国人
専任スタッフが
サポート
Registant

日本語能力試験
N1〜N3の人材が
多数在籍

多くの登録者が日本語能力試験
N1〜N3(日常会話レベル)
保有しています

登録者の一例

ベトナム
国籍:ベトナム
年齢:25歳
日本語レベル:N2相当
ネパール
国籍:ネパール
年齢:34歳
日本語レベル:N3
ミャンマー
国籍:ミャンマー
年齢:26歳
日本語レベル:N2
インドネシア
国籍:インドネシア
年齢:33歳
日本語レベル:N2

特定技能の試験対策をした
人材をご紹介

特定技能ビザ取得のためには、試験に合格しなければなりません。弊社では、特定技能での就労を希望する外国人材に試験対策を実施し、試験に合格した人材をご紹介します。また、貴社への入社前に、職文化のギャップ解消を目的とした研修を行います。

STEP1

特定技能
試験対策

STEP2

受験

STEP3

試験合格・
資格取得

STEP4

貴社にご紹介

STEP5

入社前研修

STEP6

入社

外国人材の入社までの流れ
Option

外国人社員の
活躍をサポート

特定技能外国人を雇用する企業には外国人材への支援が義務付けられています。マイナビグローバルではこれらの支援サービスも提供しております。

入社前

事前ガイダンスの実施
出入国する際の送迎
住居確保・生活に必要な契約支援
生活オリエンテーション

入社後

日本語学習の機会提供
相談または苦情の対応
日本人との交流促進
転職支援本人都合以外)
定期面談の実施、行政機関への通報(3ヶ月に1回以上)
Flow

採用までの流れ

専任スタッフが貴社に最適な
採用プランを提案します

  • ご契約

  • ヒアリング

  • 人材の推薦

  • 面接

  • 内定・成約

  • 在留資格申請

  • 入社

Questions

よくある質問

いま外国人労働者は日本にいるんですか?

外国人採用はかかるコストがわかりづらい…

ビザや在留資格の手続きが
煩雑でよくわかりません

日本語は話せるのでしょうか?

特定技能を検討中だけど、外国人採用が初めてで色々心配です。

地方で働きたいと考えている
外国人材はいますか?