【日本で急増中】ネパール人の性格や特徴は?一緒に働く際のタブーや宗教についても詳しく解説! 

ネパール人の正確や特徴について解説_記事メイン画像
執筆者:

外国人採用サポネット編集部

ネパールは、南アジアの内陸国です。場所がぱっと思い浮かばなくても、エベレスト、ヒマラヤ山脈と言えば聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
ネパールは日本からは少し離れていますが、日本での在留者数を増やしており、身近になりつつあります。

ネパール人はいったいどんな特徴や傾向をもった人たちなのでしょうか。
国の基本情報から文化・宗教などを踏まえて、ご紹介してきます。

外国人採用で最低限押さえておきたい各国の特徴・状況まとめ

外国人採用で押さえておきたい各国の特徴・状況まとめ

日本での在留人数が多い国籍を中心に、外国人雇用で知っておくべき各国の特徴・状況を網羅!
特定技能外国人の雇用に関連する各国の法令や運用ルール、比較一覧も掲載し、採用に役立つ情報が満載です。

無料でダウンロードする

ネパールの基礎情報

【ネパールの基礎データ】

面積:14.7万平方キロメートル(北海道の約1.8倍)
人口:30,034,989人 ※2022年時点
首都:カトマンズ
民族:パルバテ・ヒンドゥー、マガル、タルー、タマン、ネワール等
言語:ネパール語
宗教:ヒンドゥー教徒(81.3%)、仏教徒(9.0%)、イスラム教徒(4.4%)他
通貨:ネパール・ルピー
識字率:71% ※2022年時点

※[出典]:ネパール基礎データ|外務省

ネパールは北にチベット自治区、南はインドに挟まれ、チベットとの境には世界最高峰として有名な「エベレスト」およびヒマラヤ山脈があります。首都のカトマンズも標高が高く、インドに向かって平野が広がっているなど起伏に富んだ地形です。国土面積は大きくはなく、北海道の約1.8倍ほどです。

2008年に王制を廃止し、2015年に憲法発布、連邦制国家となり2020年に正式国名を「ネパール」と変更しました。それ以前は「ネパール連邦民主共和国」としています。

世界で唯一、長方形ではない形の国旗を持つ国でもあります。

ネパールの国旗

ネパールの人口

ネパールの人口は少なく、2022年時点で約3000万人、世界ランキング100位以下です。

人口が減少している日本でも人口は約1億2000万人であり、比較するとネパールの人口が少ないことがよくわかるでしょう。

しかしこの人口の多くは若年層で、現在のボリュームゾーンは20代です。労働年齢人口が全体の6割以上を占め、中央年齢は23歳、高齢者は10%以下と、働き盛りの年齢層が多い若い国であることがわかります。

隣国との関係性

ネパールはインドと中国に隣接しています。インドとは経済・政治・文化・宗教などが歴史的に大きく関係し、非常に親密な関係です。ネパール人の多くがヒンドゥー教を崇拝していますが、これも元々はインド系移民の布教によるものです。互いの国を往来する際はパスポートや在留資格は不要なため、 インドで就労・定住するネパール人は非常に多くいます。

一方、中国とは近年になってから関係が深まりました。2017年に中国の一帯一路構想に参加し、ネパールは「一つの中国」※2 にも原則賛成しています。これはインドとの関係が親密になりすぎないよう、中国とも距離を近づけたいという狙いがあります。ネパールは小国であるため、影響力の強いインド・中国の2国との距離のバランスをとることで力関係を安定させようとしています。

※一帯一路構想……中国国家主席・習近平氏が提唱するアジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸にまたがる巨大経済圏構想のこと

※2 1つの中国……中国大陸と台湾は不可分の中華民族の統一国家「中国」でなければならないとする政治的主張。世界にはただ一つの中国しかない、台湾は中国の不可分の一部、中華人民共和国は中国を代表する唯一の合法政府であるという考え。

▼中国の就職事情と政策について解説

ネパール人が出稼ぎをする理由

ネパールは国民の600万人以上が不在人口です。働き盛りの若者の多くは国内ではなく海外に出て働いています。これは、ネパール国内で経済成長を後押しするような産業が育っていないことが大きな要因となっています。

ネパールはサービス業と農業が主要な産業で、人口の6割が農業・漁業に従事しています。

戦争や2015年に起こったネパール大地震などにより観光産業は振るわず、また高低差がある内陸という立地であることからインフラ開発も難しい状況です。

結果として、ネパールでは海外に働き先を求めて渡航する人が増加しました。

2019年度ネパールのGDPのうち29.9%が海外送金であることからもわかるように、出稼ぎによる収入が国に残る家族の生活を支えています。

※参考:送金受取額ランキングで国別4位、ASEANでは首位(フィリピン)|JETRO

湾岸諸国が半数以上だが、 治安などから日本への出稼ぎが増加

ネパールの海外出稼ぎ労働者数は約600万人で、マレーシア、カタール、サウジアラビアなどが主な出稼ぎ先の国となっています。

※海外労働局による海外労働許可発行数。インドへの出稼ぎ労働者数を除く。

しかし、インド・ネパール間の国境は往来が自由であることから出稼ぎ者数に関する公的な統計がありません。歴史的・地理的に近い関係であることから、おそらくインドが最大の出稼ぎ先である言われています。

この表を見ると、日本へ出稼ぎに来るネパール人の割合はそう多くはありません。しかし、湾岸諸国での出稼ぎには事故や虐待などの問題も発生しており、安全性や教育面、在留資格の取得可能かどうかなどを鑑みて日本へ渡航してくるネパール人が増えているようです。

外国人材の面接での見極めポイント

面接で自社で活躍できる人材を見極めるポイントは?

【採用人物像のチェックシート付き】外国人材が定着しない、人材の見極め方がわからない、というお悩みありませんか?面接の時点できちんと確認していれば回避できる問題もあります。
本資料で、自社で活躍する外国人材を面接で見極めるポイントを公開します!

無料でダウンロードする

ネパール人の特徴・性格4選

次に、ネパール人の特徴を見てみましょう。

もちろん個人差はありますが、文化的な背景や国民性から特徴が見て取れます。

①家族を非常に大切にする

アジア圏の多くがそうですが、ネパール人は家族を非常に大切にします。家族が病気になったら看病のために仕事や学校を休むことは当然のことであり、親戚との繋がりも強いです。家族に困ったことが起これば皆で助け、お金の援助なども惜しまない傾向があります。

②仕事はまじめに働く

出稼ぎに来ているネパール人の多くは家族への仕送りを目的に働いています。家族を大切にするネパール人ですから、日本でたくさん稼ぐために非常にまじめに働きます。月に5~10万円ほどの仕送りをする人が多いようです。

当然個人差はありますが、不平なども少ないと言われています。自己主張が少なく控えめな日本人との相性は良いでしょう。

③年配者を敬う

ネパールには「年上を敬う」という文化が根付いています。なかでも家族を大切にし、親の世話は家族の義務と考えられており、多くは家族と一緒に住み、年配者を大切にします。日本にも年上を敬う文化はありますが、ネパールはそれ以上に重要視しています。

④時間にルーズ

発展途上国によくみられる傾向と同じく、時間や期限を守るという文化が希薄です。発展途上国では時間や期限を守り、厳密な計画を立てたとしても、紛争や戦争、政治の問題などで急遽変更になったり白紙になったりと計画や時間通りに進むことが少ないというのが背景にあります。決して悪気はありません。

そのためネパール人と一緒に働く、学校で過ごす場合は、「日本では計画通りに進行することが多いため、そこで暮らす人々は時間を守る必要がある」ということを理解してもらうことが大切です。

5分で解説!外国人採用入門BOOK

これ1つでわかる!外国人採用入門ガイドBOOK

外国人を採用する際に欠かせない知識を編集部で厳選、わかりやすくまとめました。はじめての外国人採用をスタートする際にぜひお役立てください。

無料でダウンロードする

ネパール人と宗教

ネパールでは人口の約8割がヒンドゥー教徒です。ヒンドゥー教は多神教で、なかでもブラマー、ヴィシュヌ、ジヴァを三大神としています。お祈りは毎日の習慣ではありますが1日に1回ほど、日常の服装に関する制限はありません。

信仰にはいくつかのタブーがあり、事前に知っておくことをおすすめします。特に注意すべきは以下2点です。

食事には注意

ヒンドゥー教において食事は規制事項があります。断食も行いますが、イスラム教のように1カ月もの間続くようなものではありません。地方などによって方法も異なりますが、月に2回水を飲まないで行うものや、ヒ満月の日に行う場合などがあります。ヒンドゥー教では牛はシヴァ神の乗り物とされ、神聖な生き物として大切にされています。牛肉を食べることはもちろん、殺生も禁じられています。牛肉そのものだけでなく、出汁や脂肪が混入している加工品も食べることができないため、ブイヨンやラード、バター、ゼラチンなども口にできません。

厳格なヒンドゥー教徒の場合は牛肉以外にも、肉全般、魚の肉も食べません。他にも卵、五葷(ニンニク、ニラ、ラッキョウ、玉ねぎ、アサツキ)なども厳格なヒンドゥー教徒は口にしません。このように食事規制が多いことから外食は頻繁にはしない傾向です。食材がどこに混入しているかわからないためです。

また、宗教によるものではありませんが、ネパールは1日2食が一般的です。そのため、職場でランチをとらない場合があります。食事に誘う場合はタイミングや口にできるもを確認してからにしましょう。

これらは信仰に関わる大切なことなので尊重しましょう。無理に食べさせることはハラスメントにあたります。

左手での食事はNG

ネパールでは左手はトイレで用を足す際に使用するもので「不浄の手」とされています。そのため食事の際に手で食べることが多いネパールでは、右手で食事をとります。またヒンドゥー教徒がお祈りをする際なども右手を使用しますので、食事以外でも同様のようです。

秋祭り「ダサイン」はネパール最大のお祭り

毎年9月下旬~10月にかけて「ダサイン」というヒンドゥー教徒のお祭りが15日間開催されます。また、10月末~11月初め頃には収穫祭「ティハール」も開催されます。国民の8割がヒンドゥー教徒であることからこの時期のネパールは帰省ラッシュとなります。

特にダサインは1年に1度一族が集まる大事な行事です。親戚のところに挨拶にまわり年配の方から祝福してもらう重要な祭りなので、この時期に一時帰国を希望するネパール人は多くなります。

※参考:ヒンドゥー教|国土交通省

▼他国はどうなっている?インドネシア人と宗教

ネパール人は日本語習得が得意

ネパールは多民族国家であることから100以上の言語があり、ネパール語を母語とする民族は実は半数程度です。そのため、幼少期から語学学習に馴染みがあり抵抗意識が低く、学習意欲が高いと言われています。

また、英語のスキルは日本人よりも高く、ほとんどの若者が英語を習得しています。これはインドと親交が深いこと、早期から英語教育が始まること、私立学校では国語以外は英語で授業が行われていることなどが大きな要因です。出稼ぎにも重要のスキルとなっています。

では日本語はというと、文法や文構成がネパール語と似ていること、母音の数はネパール語より少ないことなどから習得がしやすい言語とされています。ネパールは親日国であることも手伝って、英語に次ぐ人気外国語となっています。

ネパール人にしてはいけないこと

ネパール人と接する機会がある場合、絶対にしてはいけないことをご紹介しましょう。

①他人が口を付けたものを食べるよう強要しない

ヒンドゥー教では、他人が一度口をつけたものは穢れているとされているため、食べかけのものをシェアしません。大皿を箸でつつく文化がなく、基本は一人一皿です。ネパールでは水を水差しから回し飲みする習慣がありますが、これも口をつけずに行います。鍋や大皿料理を食べる場合はとりわけ用のトングやスプーン用意し、他人の使用した食器が触れることのないようにしましょう。

②牛肉は食べられないので強要しない

繰り返しになりますが、ヒンドゥー教徒は牛肉を食べられません。他の肉については口にする人も増えていますが、牛肉やその加工品はNGです。食べられない物を強要することはハラスメント行為にあたります。また、一緒に食事をする際は配慮する、事前に食べられるものやメニュー内容の確認を行うと喜ばれるでしょう。

今後注目が高まるネパール

冒頭でも述べたように、日本に在住するネパール人は今増加の一途をたどり、貴重な労働力として活躍しています。

ここ数年、日本では賃金上昇がないと報道されていますが、ネパールとはまだまだ経済格差があるためネパール人にとって日本の賃金は魅力的に感じられること、まじめな性格が日本企業に馴染みやすいこと、日本は治安が良く語学を習得しやすいことなどがネパール人の日本への渡航を後押ししています。

日本人にとってネパール人が身近になる日も近いのではないでしょうか。その際は、今回ご紹介した注意点や特徴、宗教のことなどを思い出してみてください。

また、マイナビグローバルではネパール人材の紹介も可能です。自社で雇用を検討している方は気軽にお問い合わせください。

▶資料請求・お問い合わせはこちらから